2019年 皐月賞 見解

皐月賞の見解です。

 

〇天候

雨予報ですが、18時から降り出すとの事で、レースには影響なし。

ただ風が強く、向こう正面が強い向かい風。直線は追い風。

 

〇馬場傾向

先週までの硬い高速馬場からは少し時計がかかるが、標準より‐0.5秒ほど早い。

スピードが活きる馬場で内も悪くない。

 

〇高速馬場の皐月賞

2014年馬場改修以降、勝ち時計1:59.0より早いレース

2015年 1:58.2

1.ドゥラメンテ

(キンカメ×サンデー:前走1800)

2.リアルスティール

(ディープ×ストームC:前走1800)

3.キタサンブラック

(Bタイド×Sバクシンオー:前走1800)

 

2016年 1:57.9

1.ディーマジェスティ

(ディープ×Bタイム:前走1800)

2.マカヒキ

(ディープ×Fデピュティ:前走2000)

3.サトノダイヤモンド

(ディープ×オーペン:前走1800)

 

2017年 1:57.8

1.アルアイン

(ディープ×ドバイM:前走1800)

2.ペルシアンナイト

ハービンジャー×サンデー:前走1600)

3.ダンビュライト

(Rシップ×サンデー:前走2000)

 

ポイントは

キングマンボとディープが優勢なのと、1800や1600の重賞を勝ち負けするスピードがあるのか。2017年の1着~3着も1600で勝った経験がある馬。

2015年8番人気3着のウインフルブルームも1600勝ちで重賞でも好走。

また、2017年のアルアインペルシアンナイトは2000未経験。

3歳春までの2000重賞はスローになりやすく、皐月賞のハイペース&高速決着にいきなり対応するのは力が抜けているか潜在的な適性があるかしかない。

 

また、先行経験も重要。

過去5年で6番人気以下で馬券になった7頭中6頭で前走3コーナー5番手の馬。

ハイペースを流れに乗って粘りこむタイプが穴。

 

〇出走馬考察

1800重賞連対もしくは1600以下レース勝利経験

アドマイヤマーズ(1600重賞2勝)

ファンタジスト(スプリング2着、1600以下重賞2勝)

ダノンキングリー(1600レース2勝)

ランスオブプラーナ(毎日杯1着)

ニシノデイジー(1800重賞2勝)

サートゥルナーリア(16001勝)

クリノガウディ(朝日杯2着)

タガノディアマンテ(きさらぎ賞2着)

 

サートゥルナーリア

1600の勝ち星は新馬戦。

力は抜けていて操縦性も高い。かかる馬ではないので休み明けは苦にしないが、種牡馬価値で考えても勝ちたいのはダービー。中山2000G1はもう勝っている。

ハイペース経験はない。ダービーのことを考えると無理して先行しないのでは。ダービーの方が堅そう。ここは取りこぼしもあるかも。

 

ダノンキングリー

共同通信杯はスローの上り勝負。中山経験も1800経験もある。あとはハイペースも追走できるのか。

 

アドマイヤマーズ

前走は目標にされ、ディープの切れ味に屈した印象。この馬場ならスピードが活きる。

 

ヴェロックス

2000のOP特別を連勝中。ただ追われても頭が高い。なんかタラタラ走っている印象がある。

 

ファンタジスト

道中のラップ推移はスプリングSが本番に近い。ロードカナロア産駒や1200重賞勝ち馬で距離不安を言われ続けているが、道中かからないので、距離は問題ない。スピードがあるので穴候補だが、馬群を嫌う傾向があるので乗り難しい。

 

クリノガウディ

前走は逃げて最後にたれたが、かかる気配はなかった。2000は長いかもしれないが、穴を出すならこういうタイプ。

 

〇結論

サートゥルナーリアの力は認めるが、取りこぼしもあるとみて、アドマイヤマーズとダノンの方が堅実。ファンタジストは穴候補。クリノガウディとクラージュゲリエも人気を落としすぎなのでねらい目。

2019年 桜花賞 見解

2019年桜花賞の見解です。

 

〇土曜日の馬場状況

阪神牝馬ステークス 1.33.6

超スローからの瞬発力勝負で内枠先行有利。

阪神芝1600は外枠からの好走も目立つが、今年はどうか。

 

〇生産牧場

社台ファーム生産馬

過去5年 複勝率38%、複勝回収率146%

2014年 レッドリヴェール2着 ヌーヴォレコルト5番人気3着

2015年 コンテッサトゥーレ8番人気3着

2016年 ジュエラー1着 アットザシーサイド6番人気3着

2017年 ソウルスターリング3着

※2019年社台F生産馬

シェーングランツ、アクアミラビリス、プールヴィル

 

〇前走

過去5年馬券内馬15頭の内、11頭はチューリップ賞

毎年2頭は馬券になっている

特にチューリップ賞1番人気2番人気馬は9頭出走し、全て馬券内。

2015年 

1着レッツゴードンキ(チューリップ2人気3着)

2着クルミナル(チューリップ1番人気11着)

チューリップ賞からの巻き返しも人気になっていた馬のみ

2019年チューリップ賞

1番人気ダノンファンタジー

2番人気シェーングランツ

 

フィリーズレビュー組で穴をあけた馬

レーヌミノル 8人気1着

アットザシーサイド 6番人気3着

共通するのは、フィリーズレビュー1番人気(2着)、阪神JF5着以内

2019年は同着

ノーワン(12番人気1着、阪神JF未出走)

プールヴィル(3番人気1着、阪神JF5着)

ジュランビル(6番人気3着、阪神JF未出走)

プールヴィルは準該当馬という感じか。

 

〇血統傾向

目立つのはディープインパクトとキンカメ系×母父サンデー系

ディープインパクト

2011年~2014年まで4連覇、ただ近2年は馬券内なし

ある程度体重がないと厳しい。

前走場体重 

~440㎏複勝率20%

440㎏~複勝率46%

※2019年出走馬

~440㎏ 

ノーブルスコア、レッドアステル

440㎏~ 

シェーングランツ、グランアレグリア、ダノンファンタジー

      

キンカメ系×母父サンデー系

過去5年で3頭出走ですべて馬券内

レッツゴードンキ(キンカメ×マーベラスサンデー

アットザシーサイド(キンカメ×アグネスタキオン

アーモンドアイ(Rカナロア×サンデー)

※2019年出走馬

ルガールカルム(Rカナロア×サンデー)

 

フランス血統

フランス血統馬は高相性。フランス牝系を好む社台Fが桜花賞に強い事からも米国系や英国系よりもフランス牝系が相性よい。

※2019年フランス牝系

シェーングランツ、アクアミラビリス、シゲルピンクダイヤ、プールヴィル

 

〇人気馬考察

ダノンファンタジー

王道ローテーションで連勝中。母はアルゼンチンのダ2200のG1馬。

1400~1600ベストで道中はかかる。かかるが、終いは伸びる。

ただ、追い切りでかかる気配が強く出ており、壁が作りにくい外枠がどうか。

 

グランアレグリア

ディープ産駒だが、スピードの持続力で押し切る競馬。府中1600は走る。もまれ弱く、右回りがダメなのか前走は内にささっていた。追い切りではかかる気配はないが。母系は早熟血統で成長力は疑問。先団の外目を追走し早めに仕掛けたい。

 

クロノジェネシス

切れる脚があるが、ここ2走直線でよれており真っすぐ追えていない。クロフネ産駒は前哨戦血統でクラシックはどうなのか。大物感には欠ける印象だけど。とにかく御すのが大変なので能力を出し切れるか不安。

 

ビーチサンバ

クロノジェネシスと配合はかなり似ている。やはり前哨戦血統。堅実だが決定力に欠ける感じだろうか。

 

〇狙いたい穴馬

①シェーングランツ

ディープ産駒で440㎏~、母系フランス牝系、チューリップ賞2番人気

前走はシゲルに外から追われひるんだところで決定的な差。豊マジックで最内から捌ければチャンスあるのでは。人気を落としすぎなような。

 

⑤ルガールカルム

Rカナロア×サンデー。半兄はフルーキーで坂のあるコースは得意。連対馬出ていないアネモネステークスだが前走は完勝。ひもに一考。

 

⑬ジュランビル

ファンタジーSフィリーズレビューともに3着。

1400ベストかもしれないが前で折り合えるのは武器。

松若騎手の粘りこみ期待。

 

⑱プールヴィル

フランス牝系の社台F生産馬。

阪神JFも5着でフィリーズレビュー勝ち馬。前に行って折り合える。しかも末脚もある。阪神JFからの3戦は直線壁があり追い遅れ。その中でもきちんとまとめているので能力は高いのでは。全く人気ないので、来たらラッキーくらいの気持ちなら。

 

本来は堅いレースだが、穴をあけるならこの馬だと思います。

2019大阪杯.予想と注目馬

大阪杯の予想と注目馬です。

 

◯馬場

現在稍重だが、天気が良く風も強いので、良馬場に回復予定。

コース替わりもあり、インコース有利。

過去の大阪杯を見ても、4コーナーで先行しているか内を通る馬が走る。

また、前途の通り西風が強く吹く。

となると、直線は強い向かい風。

 

◯展開

スタート後上り坂と向かい風で、前半はスロー。向正面で追い風となりペースあがり、後半5F勝負。切れ味だけでは勝負出来ない。

ロングスパート可能で最後の坂を登りきるパワーが必要。

 

◯血統傾向

ダート的なパワー血統が高相性。

昇格後の馬券内6頭

2017

キタサンブラック

ステファノス

ヤマカツエース

母系にダート血統。

2018

スワーヴリチャード

ペルシアンナイト

アルアイン

スワーヴとアルアインは母系ダート血統。

ペルシアンナイトは母がゴールドアリュールの全妹。

 

◯注目馬

ペルシアンナイト

昨年の2着馬。

マイルG1勝ち馬だが、少しズブくなっており今は2000がベストでは?

前哨戦はいつも走らない。

中2週だが、追い切りCW6Fで高時計。

ハービンジャー産駒阪神芝2000メートル

勝率20% 連対率37%複勝率57%

ゴールドアリュールも昨日の阪神芝で馬券内に来ており、血統的な後押しは十分。

あとはミルコの腕次第。

 

エポカドーロ

父オルフェーブル×母父フォーティーナイナー

ダート血統持ちで

オルフェーブル産駒阪神芝2000

勝率6.8% 連対率18% 複勝率28%

勝てないがコース相性は良い。

キセキがハナ主張し、離れた2番手が理想

 

ステルヴィオ

ロードカナロアストームキャット持ち

母系のフェアリーキングも大阪杯には向く

後は枠が外なので、どうしても外差しになる

 

キセキ

トビが大きいので、外回りの軽い馬場がベスト

ゴール前の急坂も得意でない。

また血統的にはダート要素はなし。

 

ブラストワンピース

ハービンジャー産駒だが、距離適性や小回り適性など不明。休み明けでもあるし、人気だが信頼してもいいのか。

 

 

高松宮記念、注目馬

高松宮記念の注目馬です。

 

◯昨日の傾向

昨日の3歳未勝利(芝1200)

勝ち時計 1.08.6

と高速馬場。

 

コース替わりもあり、インコース有利で、外枠の馬はある程度の位置に付けてキレる足がないと届かない。

 

◯参考

2016年 高松宮記念

勝ち時計 1.06.7

勝ち馬 ビックアーサー(3F 33.4)

道中4番手につけてこの上がり。

 

注目馬

アレスバローズ

メンバー中で、持ち時計1位で、中京でも勝ち鞍あり。高速馬場で早い脚が使える馬

近走は、馬場がタフなのと展開向かず。

この条件なら巻き返せる。

鞍上川田も中京1200複勝率43%

枠も内目なので、出遅れなければ。

 

ミスターメロディ

スキャットダディは世界的名血で軽い馬場は合うはず。左回りが良績でファルコンステークスでは、ダノンとモズに完勝している。

こちらも内枠で、鞍上福永は中京芝1200は複勝率1位。

 

ロジクライ

ハーツクライ×マキャベリアン

シュバルグランと同配合で、高速決着に強い

2016年2着のミッキーアイルも父サンデー系

芝のマイルでの高速決着経験あり。

やはり適距離でないので、テンで無理に先行せず、直線で差さればチャンスある。

ルメールで過剰に人気なのが気になる。

 

人気馬考察

ダノンスマッシュ

右回りは内にささる。

近2走は、ややタフな馬場でペースも速くない。今回とは条件が違う。

 

モズスーパーフレア

とにかく中山が強い。

中京1200は逃げ馬には辛く、坂を登って粘れるか。母系のダンチヒも、間隔を詰めるとよくないタイプで、この馬自身もセプテンバーステークス完勝⇨オパールステークス負け

 

 

2019年 3/9 中京3レース 狙い目

中京3R
④マノアフォールズ
②スターオブオナー
⑧スターパレリード
③エンダウメント

④は
3走前ハイレベル
2~6着が次走連対
8,9着も未勝利勝ち上がり済み
前走3着時の2着馬も
勝ち上がり時のレースが
2着とは1/2馬身差も
3着とは8馬身差
鞍上の斉藤新は、
先週デビューの新人ながら
既に2勝4連対で連対率33.3%
中でも中距離が得意で
1600以下0-0-0-5
1700以上2-2-0-3
特にダートの1700以上は
1-2-0-1で連対率75%
斤量も3キロ減るし注目

②は
前走がハイレベルの未勝利戦

ここでの敗戦も評価は落とせない。

⑧は
前走(2着)が強い
3馬身差の3着馬が次走5馬身差圧勝
5馬身差の5着馬も次走3馬身差圧勝
普通ならこの馬が軸でもいいんだけど
鞍上が、今年いまだに未勝利の小崎騎手
減量終わってから不調で、

乗り替り狙いめ騎手検証したときに
小崎から他の騎手に替ったときが
一番狙いめって結果になった(要は一番下手)
前走くらい走れれば、まず負けないんだけど・・・

③は
前走1.1倍で13着
原因は心房細動なので
今回も発症する確率はかなり低いですが
前走のレース見ててどこで発症したか分からないけど
4コーナーでも前を交わす勢いが無かったから
あれが実力だとしたら危ない

っていう感じでかなりハイレベルなメンバーなので
このレースを買うより
このレースで負けた馬を次に買うのがおすすめです

2019年中山牝馬ステークス 注目馬

3/9に行われる中山牝馬ステークスの注目馬です。

 

8 レイホーロマンス

 

中央に戻ってからはG1を含めて1.0秒以上負けていない。競馬場や距離や展開に関わらず足を使える。

小倉記念中日新聞杯の混合重賞でも4着の実績あり。エリザベス女王杯でも3着馬からは+0.6差だし、なんといっても昨年の3着馬。

昨年は52キロで鞍上岩崎翼に対し、今年は51キロで内田博幸

今年は有力馬に先行馬が多く、前がかりの展開になれば一発ないか。

中山も先週の競馬で馬場は悪化しているだろうし、週中の雨も残っているので、上がりはかかるだろう。ハービンジャー産駒に向かないだろうか。

にしても現在11番人気はおいしいと思う。

中山芝1800M、レース傾向、データ分析

中山芝1800Mのレース傾向とデータ分析をしていきます。

※2019年3月現在 直近1年間

 

■枠順別成績

  1着 2着 3着 着外 出走回数 勝率 連対率 複勝
1枠 9 10 9 126 154 6% 12% 18%
2枠 15 14 7 127 163 9% 18% 22%
3枠 13 15 12 139 179 7% 16% 22%
4枠 16 10 14 152 192 8% 14% 21%
5枠 15 16 16 156 203 7% 15% 23%
6枠 13 12 23 167 215 6% 12% 22%
7枠 17 17 20 172 226 8% 15% 24%
8枠 19 23 17 173 232 8% 18% 25%

枠順別成績では、ほとんど差はないと思いますが、上級条件では内枠のほうが有利になる傾向があります。

 

■脚質別成績

  1着 2着 3着 着外 出走回数 勝率 連対率 複勝
逃げ馬 16 18 18 81 133 12% 26% 39%
先行場 65 58 43 262 428 15% 29% 39%
差し馬 33 32 42 411 518 6% 13% 21%
追込馬 3 9 15 455 482 1% 2% 6%

脚質別成績では、逃げ馬先行馬が複勝率4割。

スタート地点が坂の途中にあり、1コーナーまでの距離が短いのでペースが落ちつきやすく、先行馬が残る。

 

■人気別成績

  1着 2着 3着 着外 出走回数 勝率 連対率 複勝
1番人気 32 22 14 49 117 27% 46% 58%
2番人気 27 17 12 61 117 23% 38% 48%
3番人気 11 25 14 67 117 9% 31% 43%
4番人気 15 18 10 74 117 13% 28% 37%
5番人気 12 8 13 84 117 10% 17% 28%
6~10番人気 17 23 45 489 574 3% 7% 15%
11~18番人気 3 4 10 388 405 1% 2% 4%

人気別成績では上位人気の信頼度が高く、勝率では1番人気か2番人気の数字が抜けている印象。

 

■前走距離別成績

  1着 2着 3着 着外 出走回数 勝率 連対率 複勝
1800M組 49 34 41 376 500 10% 17% 25%
2000M組 27 30 26 240 323 8% 18% 26%
1600M組 21 34 26 275 356 6% 15% 23%
2400M組 3 2 5 15 25 12% 20% 40%
2200M組 2 1 3 30 36 6% 8% 17%
1700M組 1 0 1 5 7 14% 14% 29%
1500M組 1 0 0 5 6 17% 17% 17%

前走距離別成績を分析すると、距離短縮のほうが良績傾向。

 

■騎手成績

順位 騎手名 1着 2着 3着 着外 出走回数 勝率 連対率 複勝 単勝回収率 複勝回収率
1 M.デム 5 0 1 5 11 45.5% 45.5% 54.5% 124.5% 73.6%
2 ルメール 4 3 1 4 12 33.3% 58.3% 66.7% 77.5% 88.3%
3 三浦皇成 4 2 2 14 22 18.2% 27.3% 36.4% 90.0% 75.5%
4 戸崎圭太 3 3 2 16 24 12.5% 25.0% 33.3% 31.2% 109.2%
5 内田博幸 2 3 0 16 21 9.5% 23.8% 23.8% 79.5% 43.8%
6 マーフィ 2 2 1 3 8 25.0% 50.0% 62.5% 80.0% 83.8%
7 田辺裕信 2 1 2 14 19 10.5% 15.8% 26.3% 71.1% 60.5%
8 ミナリク 2 1 1 8 12 16.7% 25.0% 33.3% 52.5% 84.2%
9 松岡正海 2 0 0 15 17 11.8% 11.8% 11.8% 415.3% 60.0%
10 石橋脩 1 4 2 11 18 5.6% 27.8% 38.9% 11.1% 80.0%
11 北村宏司 1 2 1 12 16 6.3% 18.8% 25.0% 28.7% 51.9%
12 蛯名正義 1 1 1 5 8 12.5% 25.0% 37.5% 623.8% 333.8%
13 池添謙一 1 1 0 3 5 20.0% 40.0% 40.0% 164.0% 88.0%
14 津村明秀 1 0 1 10 12 8.3% 8.3% 16.7% 16.7% 41.7%
15 福永祐一 1 0 1 1 3 33.3% 33.3% 66.7% 343.3% 123.3%
16 横山典弘 1 0 0 7 8 12.5% 12.5% 12.5% 77.5% 25.0%
17 藤田七菜 1 0 0 6 7 14.3% 14.3% 14.3% 342.9% 58.6%
18 モレイラ 1 0 0 0 1 100.0% 100.0% 100.0% 310.0% 150.0%
19 嶋田純次 1 0 0 0 1 100.0% 100.0% 100.0% 2930.0% 290.0%
20 柴田善臣 0 3 1 5 9 0.0% 33.3% 44.4% 0.0% 92.2%

リーディング上位の騎手の成績がいいが、蛯名騎手など穴を持ってきている。

 

種牡馬別成績

順位 種牡馬 1着 2着 3着 着外 出走回数 勝率 連対率 複勝 単勝回収率 複勝回収率
1 ディープインパクト 12 10 3 18 43 27.9% 51.2% 58.1% 110.2% 101.6%
2 ステイゴールド 5 0 1 9 15 33.3% 33.3% 40.0% 213.3% 78.7%
3 ヴィクトワールピサ 4 2 1 14 21 19.0% 28.6% 33.3% 209.0% 59.0%
4 ハーツクライ 3 2 1 22 28 10.7% 17.9% 21.4% 28.2% 47.1%
5 ロードカナロア 2 1 1 13 17 11.8% 17.6% 23.5% 37.1% 31.8%
6 ノヴェリスト 1 2 2 7 12 8.3% 25.0% 41.7% 32.5% 126.7%
7 アイルハヴアナザー 1 1 3 5 10 10.0% 20.0% 50.0% 636.0% 306.0%
8 ハービンジャー 1 0 6 20 27 3.7% 3.7% 25.9% 11.5% 76.3%
9 エイシンフラッシュ 1 0 1 15 17 5.9% 5.9% 11.8% 293.5% 154.1%
10 ローエングリン 1 0 1 4 6 16.7% 16.7% 33.3% 41.7% 101.7%
11 ブラックタイド 1 0 0 11 12 8.3% 8.3% 8.3% 34.2% 13.3%
12 ダンカーク 1 0 0 5 6 16.7% 16.7% 16.7% 40.0% 20.0%
13 ゼンノロブロイ 1 0 0 4 5 20.0% 20.0% 20.0% 206.0% 52.0%
14 camelot 1 0 0 1 2 50.0% 50.0% 50.0% 1200.0% 205.0%
15 ダノンシャンティ 1 0 0 1 2 50.0% 50.0% 50.0% 105.0% 60.0%
16 オルフェーヴル 0 3 1 9 13 0.0% 23.1% 30.8% 0.0% 66.9%
17 ルーラーシップ 0 2 1 16 19 0.0% 10.5% 15.8% 0.0% 21.1%
18 ダイワメジャー 0 2 1 6 9 0.0% 22.2% 33.3% 0.0% 56.7%
19 メイショウサムソン 0 2 0 4 6 0.0% 33.3% 33.3% 0.0% 56.7%
20 キングカメハメハ 0 1 1 13 15 0.0% 6.7% 13.3% 0.0% 49.3%

種牡馬別成績ではサンデー系の上位種牡馬が順当にきているが、回収率を上げているのは欧州型の種牡馬が優秀な傾向。

 

重賞や特別戦も多い条件ですが、条件や季節等でもバイアスがある条件です。

重賞での傾向もあるので、また分析していきます。